ART ART ART

アート、映画、英語とか好きなもの色々

シャセリオー展感想!日本初の大回顧展は必見です!

上野の国立西洋美術館に「シャセリオー展-19世紀フランス・ロマン主義の異才-」を見に行ってきました!

週末の午後と一番混んでいそうな時間帯に行きましたが、絵画の前で並ぶ必要はほとんどなく、ひとつひとつの作品をじっくり見ることができました。

5/28(日)までですのでお急ぎください!

f:id:turquoiselife:20170507165133j:plain

 

 

展覧会の構成

本展覧会の構成は以下の通りで、シャセリオーの画家としての変遷が辿れるだけでなく、シャセリオーが影響を受けた画家、またシャセリオーに影響を受けた画家の作品を鑑賞することもでき、美術史の理解も深めることができる展覧会でした!

 

1. アングルのアトリエからイタリア旅行まで

2. ロマン主義へー文学と演劇

3. 画家を取り巻く人々

4. 東方の光

5. 建築装飾ー寓意と宗教主題 

シャセリオー展に行く前におさえておきたいポイント

シャセリオーって誰?

そもそも、シャセリオーって誰なの。。?

お恥ずかしながら、本展覧会で初めてシャセリオーという存在を知りました。

 

テオドール・シャセリオー(1819-1856)の自画像はこちら↓

あまりイケメンではない?(個人の主観によるものです。。)印象ですが、フランスで最も美しい体の持ち主と言われていたアリス・オジーと恋人関係だったそうです!才能溢れる芸術肌の方はいつの時代もモテるのでしょうか。

f:id:turquoiselife:20170507165059j:plain

シャセリオーは現在のドミニカ共和国に生まれ、父の故郷であるフランスに帰国してからは11歳の若さで、あの現実的には同じポーズをとることが難しいとされる《グランド・オダリスク》(1814)でも有名なドミニック・アングル(1780-1867)の弟子となり、16歳ではサロンにも初出品を果たしました。

20歳の時に行ったイタリア旅行で再会したアングルとは、方向性の違いから決裂してしまい、独自のスタイルを築きあげていきます。

新古典主義のアングルはロマン主義反対派で、ロマン主義に傾倒していたシャセリオーとは馬が合わなくなってしまったのですが、シャセリオーの作品を見ると、幼い頃からの師匠であったアングルの優美な曲線美が受け継がれていることが分かります。

 

その後、同時期にオリエンタリズムの作品が多く見られるように、シャセリオーも他の画家同様、アルジェリア方面への旅行を通じて数々のエキゾチックな作品を残します。

 

その後は教会の壁画作品等の制作に精力的に取り組みますが、元々体が弱かったシャセリオーは、37歳の若さで亡くなってしまいます。なかなかシャセリオーの作品を見る機会に恵まれないのは、短い人生だったが故、作品の数が限られているからなのかもしてませんね。

新古典主義って何?

シャセリオー師匠であるアングルがそのスタイルを貫いた「新古典主義」は、18世紀後半〜1830年代頃まで美術界を牽引しました。ロココの快楽主義に対する非難から生まれた新古典主義は、古代ギリシャ・ローマ文明精神を復活させようとヨーロッパで哲学者たちが啓蒙活動を行ったことで発展しました。

 

新古典主義の主題はギリシャやローマの歴史のヒーローソクラテス等で、ロココの裸の女神等の主題は批判されてしまいました。

ロマン主義って何? 

 その後、18世紀後半から19世紀に台頭したのがロマン主義でした。ロマン主義では、合理的思考に基づいた新古典主義の反動から、「内面世界」の表現が重視されるようになり、感情や人間心理、自然の力等が強調された作品が生まれました。

自然の力の表現で言うと、ターナー等が代表的な画家として挙げられます。

展覧会の見所

①シャセリオー大回顧展は日本初!

シャセリオーの人生は短かったことから、作品数が約260点と多くなく、本場のフランスでもシャセリオー単体が特集され、まとまって彼の作品を見る機会はなかなかないそうです。

そんな中、今回の展覧会のために、日本に100点弱もの作品が集まったのです!

なかなかまとまって見ることができない彼の作品を一度に見ることができるこの機会は逃せませんね!

巡回はせずに国立西洋美術館のみでの開催となるため、まだの方はお急ぎください!

②肖像画が面白い!

正直、私は肖像がの絵画を見ても「ふーん」と思って終わってしまうことが多いです。ちゃんと作品の比較等をすれば奥が深い世界なのだろうけど、どれも同じに見えてしまってよほどモデルの顔にインパクトがないとなかなか覚えることができません。。

 

がしかし!シャセリオーの肖像画は見ていてその人の性格や特徴が伝わりとても面白かったのです!

例えばこちら↓の肖像画。よく見る肖像画どれも気品溢れる表情をしていて、いわゆるロールモデルに当てはめたような顔立ちをしていますが、こちらの肖像画は、人間味があると言いますか、性格が画面からにじみ出ていますよね。

こういう人なんだろうなーと想像しながら見て周るのもニンゲン観察をしているようで、シャセリオー作品の楽しみ方の一つかもしれませんね!

f:id:turquoiselife:20170508235127p:plain

 (引用:展覧会公式HP《ドサージュの肖像》(1850)TBS「シャセリオー展」|TBSテレビ

③エキゾチックな作品の数々

そしてなんと言っても展覧会後半になって登場する、シャセリオーがアルジェリア訪問時に描いたオリエンタリズム溢れるエキゾチックな作品たちです!

どの作品も色彩だったり人々の目力だったり、インパクトが強く、異国情緒溢れる雰囲気に引込まれてしまいます。

人々の個性を捉えて表現するのがうまいだけあって、アルジェリアの作品に登場する人々も皆個性があり、特にその強い目力には圧倒されます。目を見ると、思わず作品の前で足を止めてしまう感じです。

 f:id:turquoiselife:20170508235430p:plain

(引用:展覧会公式HP《コンスタンティーヌのユダヤ人の娘》TBS「シャセリオー展」|TBSテレビ

まとめ

なかなか見るチャンスのないシャセリオーの作品をまとめて見ることができる貴重な展覧会です!特にエキゾチックなアルジェリアで描かれた作品は引込まれる魅力があり、見に行く価値大の美術展でした! 

展覧会概要

・会期:2017年2月28日 (火) 〜 5月28日 (日)

・会場:国立西洋美術館(東京・上野公園)

・開館時間:午前9時30分 〜 午後5時30分 (金曜日は午後8時)  

・休館日:月曜日

 

シャセリオー展の半券を使って国立西洋美術館の常設展も見ることができるのではしごをするのもいいですね!

www.tbs.co.jp


山田五郎の『シャセリオー展』の楽しみ方【TBS】

シャセリオーについてもっと知りたかったら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イラストで読む ギリシア神話の神々 [ 杉全 美帆子 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/5/7時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

芸術新潮 2017年5月号【雑誌】【2500円以上送料無料】
価格:1439円(税込、送料別) (2017/5/7時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

名画で見るシェイクスピアの世界 [ 平松洋 ]
価格:2268円(税込、送料無料) (2017/5/7時点)